スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

府都計審、彩都が準工業地帯に?

【大阪】府都計審で彩都など10件の変更承認

大阪府都市計画審議会(会長・岡田憲夫京都大学教授)は10件の都市計画変更を審議し、すべて原案通り承認した。このうち、彩都では中部地区の開発着手に向けて地区中央部の32haを、第2種住居地域から準工業地域に変更。企業立地を可能とする。
 彩都中部地区(茨木市)関連の都市計画変更は3件。用途地域の変更と土地区画整理事業の変更2件(茨木区域、箕面区域)。区画整理の変更は、土地利用方針については、現在の「ライフサイエンス分野の研究施設」に加え、「商品開発型の企業等の研究開発・生産機能等の導入」を追加。幅広い業種の企業を誘致できるようにする。
 土地区画整理事業者のUR都市機構は、本年度から準備工に着手している。今回の都市計画変更で企業誘致が可能となる。
 柏原大和高田線(国道165号・柏原市内)の変更は、4車線化の事業着手に向けたもの。西名阪自動車道の柏原インターチェンジ(IC)付近から奈良県境までを現在の2車線道路を4車線道路に整備する。都市計画変更では、現在の計画線形について、より曲線半径を大きく取り、緩やかなカーブとし、走行安全性を高める。
 淀川左岸流域下水道・枚方交野幹線の都市計画変更は、計画ルートを変更し着工に備える。場所は交野市私部西5~藤が尾1間。延長は約1㎞。
 このほか、流域下水道原田処理場(豊中市原田西町、伊丹市岩屋など)の区域変更▽八尾枚方線の変更▽りんくうタウン(泉佐野市)用途地域の変更▽同計画緑地の変更▽大阪堺線の都市計画変更。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

彩都では中部地区の開発着手に向けて地区中央部の32haを、第2種住居地域から準工業地域に変更。企業立地を可能とする。


彩都に工場が建てれるようになったようです。
前々からささやかれていた医薬関係の工場の集積が行われるかもしれません。。wktk

恐らく建てれるのは住環境に影響を出さないクリーンな工場だと思うので、これで周辺の住環境が悪くなるとかは一切ないと思います。

他にも色々書かれていますが主に交通関係のことが多いですね。


個人的には御堂筋線が新箕面まで延伸が決まったってことでさらに171沿いに彩都の豊川あたりまで延伸してみてはいかがだろうかと思うのですが・・・
そうすれば彩都は御堂筋に乗り換えて市内まで一気に出れるしモノレールに乗れば乗り換え1回で伊丹空港へ、南茨木で乗り換えれば阪急沿線、京都河原町へもすぐ!
っていう交通事情が凄くいい街になると思うんですが・・・
まぁ絵空事ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 大阪
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
最新記事
プロフィール

そい

Author:そい
超高層ビル好き管理人の「そい」です。

このブログでは大阪の超高層ビルを中心に記事を書いています。

ビルマニアを見せかけて、ただのアニオタだったりもします。

カテゴリ
ミク時計
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
アニメPV&名曲集


presented by アニソン名曲.com

リンク
尊敬しているサイト様たち
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。